東京の着物レンタルショップ・ 着物興栄とマキ日記

銀座の毎日や着物の日々を皆様と一緒に楽しみたいです♪
01123456789101112131415161718192021222324252627282903
月別アーカイブ  【 2016年02月 】 

節分♪

皆様、おはようございます(*^^*)
今日は2月3日、節分ですね!
恵方巻きも頂きたいですね♪
今日は銀座でも毎年恒例行事の『節分お化け』の日で邪気を払って健康と開運を願う為に赤い物を見に付けたり、色々な格好に仮装して邪気を払うというイベントの日です。
【着物興栄】でも花魁、舞妓、芸者、あんみつ姫の格好をするお客様がいらっしゃるので着付けをする私達も楽しみです♪

☆節分お化けの由来☆

節分の夜に、老婆が少女の髪型である桃割にしたり、逆に少女が成人女性の髪型である島田に髪を結ったりする。このため「オバケ」とは「お化髪」が語源であるという説もある。また異性装も行われる。そしてこのような異装のまま、寺社へ詣でて新年の平穏を祈ることも行われる。

このような異装を行うのは、違う年齢や違う性など「普段と違う姿」をすることによって、節分の夜に跋扈するとされる鬼をやり過ごすためである。 立春前夜は、暗い季節(秋・冬)と明るい季節(春・夏)の変わり目である。 また旧暦では年の変わり目である1月の始まりも大凡この頃であり、方位神が居場所を変えるなど、古い年から新しい年へと世界の秩序が大きく改組される不安定な時季と信じられた。 この様な時季には現世と異世界を隔てる秩序も流動化し、年神のような福をもたらす存在が異世界からやってくる反面、鬼などの危害をもたらす存在もやってくるとされた。そこで豆まきなどの追儺儀式が行われるが、お化けもまたそうした儀式のひとつである。
スポンサーサイト
【 2016/02/03 】 未分類 | TB(-) | CM(0)